FANDOM


M:i:III
Mission: Impossible III
監督 J・J・エイブラムス
脚本 アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
J・J・エイブラムス
製作 トム・クルーズ
ポーラ・ワグナー
製作総指揮 ストラットン・レオポルド
出演者 トム・クルーズ
フィリップ・シーモア・ホフマン
ヴィング・レイムス
ビリー・クラダップ
ミシェル・モナハン
ジョナサン・リース=マイヤーズ
ケリー・ラッセル
マギー・Q
ローレンス・フィッシュバーン
音楽 マイケル・ジアッチーノ
撮影 ダニエル・ミンデル
編集 メリアン・ブランドン
メアリー・ジョー・マーキー
製作会社 クルーズ/ワグナー・プロダクションズ
配給 Flag of the United Statesパラマウント映画
Flag of JapanUIP
公開 Flag of the United States2006年5月5日
Flag of Japan2006年7月8日
上映時間 126分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 $134,029,801[1] Flag of the United StatesFlag of Canada
$397,850,012[1] Newworldmap
前作 M:i-2
次作 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

M:i:III』(ミッション:インポッシブル3Mission: Impossible III)は、2006年のアメリカ映画。トム・クルーズ主演の『ミッション:インポッシブル』シリーズの3作目。

概要 編集

  • 撮影は2005年6月にイタリアで開始され、ベルリン、ローマ(イタリア)、バチカン、上海、西塘(浙江省)、ヴァージニア州、カリフォルニア州などでロケが行われた。
  • 2006年5月5日にアメリカ、イギリス、カナダで公開された。当初の予定では2004年5月に公開される予定だった。
  • 日本盤DVDは2006年11月17日に発売された。
  • 製作費1億5000万ドル[1]
  • スタントマンが事故で負傷し、映画制作会社を訴える騒動があった。

ストーリー 編集

米国のスパイ組織IMFのエージェント、イーサン・ハントは、現場を退き教官としての仕事をしながら、本業を秘密にして婚約者のジュリアと幸せな生活を送っていた。そんな彼の元に、かつての教え子である女性エージェント、リンジーが捕らえられたという知らせが届く。迷いながらも救出作戦に参加したイーサンは、仲間達とのチームワークを発揮しリンジー救出を果たす。しかし、ヘリに乗って逃げる途中、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾の時限装置発動により死んでしまう。彼女は生前にメッセージを残しており、それによればIMF上官のブラッセルがブラックマーケットの商人であるオーウェン・ディヴィアンと結託して裏切り行為を働いているという。イーサンと彼のチームは真相を究明するためディヴィアンと対決する。ディヴィアンは巧妙に活動し、ジュリアを人質にとってイーサンに協力を強要するなど追い詰めるが、イーサンはなんとか彼を倒す。ディヴィアンと結託していたのは実はイーサンの直接の上司であるマスグレイブだった。マスグレイブはジュリアによって倒される。イーサンは全てを知ることになったジュリアとともにIMFの基地を訪れ、チームの面々の祝福を受け、ハネムーンに出かける。

スタッフ 編集

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD フジテレビ
イーサン・マシュー・ハント トム・クルーズ 森川智之
オーウェン・ディヴィアン フィリップ・シーモア・ホフマン 山路和弘 江原正士
ルーサー・スティッケル ヴィング・レイムス 手塚秀彰 銀河万丈
ブラッセル局長 ローレンス・フィッシュバーン 石塚運昇 玄田哲章
ゼーン マギー・Q 魏涼子
デクラン ジョナサン・リース=マイヤーズ 竹若拓磨 坂詰貴之
マスグレイブ ビリー・クラダップ 桐本琢也 内田直哉
ジュリア・ハント ミシェル・モナハン 岡寛恵 甲斐田裕子
リンジー・エリザベス・ファリス ケリー・ラッセル 藤貴子 木下紗華
ベンジー サイモン・ペグ 根本泰彦 後藤哲夫
リック アーロン・ポール 阪口周平 藤井啓輔
ケビン グレッグ・グランバーグ 大西健晴 古田信幸
IMF安全保障の頭 ウィリアム・フランシス・マクガイア 浦山迅
病院所属の聖職者 ジェームズ・コンクリン
ディヴィアンのボディーガード ジェフ・チェイス 星野貴紀 木村雅史
  • DVD版 地上波初 初回放送 日曜洋画劇場 2009年3月1日
制作:東北新社、演出:三好慶一郎、翻訳:岸田恵子、調整:池田裕貴
  • フジテレビ版 初回放送 土曜プレミアム 2010年3月27日
翻訳:岸田恵子、調整:田中和成、演出:伊達康将、制作:東北新社、プロデューサー:中島良明、小林裕幸、清野真紀(フジテレビ)

日本でのプロモーション 編集

2006年6月1日、主演のトム・クルーズが、東京 - 新大阪間の新幹線「のぞみ」を借り切った来日キャンペーンを行うことが明らかになり、6月21日に実施された。時刻表にない特別ダイヤで運行し、出発時刻などは混乱を避ける目的で非公開となった。この企画の経費は、「のぞみ」の貸切りの1,500万円など、約3,000万円とされる。DVDに収録もされた。

トム・クルーズは「第4作はぜひとも日本を舞台にしたい」と述べている。

評価 編集

エイブラムスにとって、初映画監督作品である。それまで大ヒットした『エイリアス』などで、ドラマの分野において有力株として注目されていた。この『エイリアス』の完成度に目をつけたトム・クルーズが監督を希望し、今回の起用に至った。

この映画を製作する上でまずエイブラムスが重要視したのが、TVシリーズの特色の一つでもあった作品中の「チームワーク」である。1は序盤のTVシリーズの構図が次第に崩壊しトム・クルーズ演じるイーサン・ハントが苦悩する展開であり、その終盤と続作の2の見せ場はイーサンの独擅場となっていた。今回はチーム要員を編成し、前2作より『スパイ大作戦』の映画化らしい出来にする、という前置きがあった。

その前置き通り、TVシリーズの構図に近い出来となっている。エイブラムスが得意とする巧みなストーリーテリングや、一作目と二作目を足して割ったようなバランスの良いアクションシーンなどビジュアル面でのブラッシュアップもあり、アメリカの大手映画批評サイトRotten Tomatoesでは70%の評価を獲得している[2]。ただし北米での興行収入は前作よりも8000万ドルほどランクダウンした1億3402万9801ドル[1]と、大ヒットシリーズの続編としてはやや期待はずれな結果になってしまった。これは『宇宙戦争』でのプロモーション中にトム・クルーズが起こした一連の奇行が原因ではないかと言われている。

続編 編集

次回作は『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の題で、2011年12月16日公開が決定している。

ラビットフット 編集

本作品では「ラビットフット」なる兵器が登場するが、それがどのような兵器なのかは明かされず、「マクガフィン」の一種と思われる。

ただし、劇中の登場人物の会話や、「ラビットフット」の収められている容器の形状、そして何より容器の表面に「バイオハザードマーク」が記されている事から、これが生物兵器の一種であると匂わせている。

参考文献 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 "Mission: Impossible III (2006)". Box Office Mojo. IMDb.com, Inc. 2011-05-15 閲覧。
  2. "Mission: Impossible III". Rotten Tomatoes. IGN Entertainment, Inc. 2011-05-15 閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。